fc2ブログ

日本史概説 さて3年後どうなってるか

成績評価分布備考入力コメント
新学習指導要領の学力観を詳細に分析して、従来の日本史学習とは異なる抜本的見直しを行い、念のため8回目二宮氏に特別講義をお願いして「日本史学者の思考方法を身に着ける」ことを主眼にした講義を行なった。自分の教育学部学生時代に学んだ加藤文三「すべての生徒が100点を」の実践を行なったが、残念ながら[すべて]は貫徹はできなかった
あと卒論成績は入力しかたがわからないので
又聞きに行かないと
思うにこの講義は1回生が3年の後卒論を書く9月頃に
効いてくる。ダメなものもいるだろうが、
長期波動砲1000年殺★で「偏執しなきゃ」と
思い出すのもいるだろう
一人くらい
20171219143900.png
★ここは通奏低音とすべきだが千々和さんが
大会報告で言って以来うちの業界では
流行してしまい。「ーーとしての国民的歴史学運動」
カッコよかったなア。ああいう決めゼリフ行ってみたい。


地下秘密サティアン行こうとしたらまだ卒論公開工事中
の由。そうだよなあ、2月だもん ふつうそうだ
IMG_2023-12-02-10-21-03-093.jpg
Nサティアン ロケット基地
IMG_2023-12-02-10-28-56-610.jpg
近くにあるKIIPLUS系車庫
IMG_2023-12-02-10-21-39-517.jpg
ロケット行進ルートか
スポンサーサイト



歴史のなかの怪異 2/3筆

最終講義はお断りしてマルエスの
最終回講義に全情念を注いだのだが。
1/30の当日 (夢記は白紙) 1年ほど使っていた
くつべらが折れた。前日に靴ひもをきつく
結び直していたからナラン。
ふつうの人ならここで何かに打たれてしまう
ところだろう。だが、私は神国思想の研究者
なので、
ああ百均の品はこんなものか、
というだけ。

最終講義は、学生のウケを狙い「怪異」とするか
「偏執」とするかで長考した。結局、今一番
発信したいメッセージを重視して偏執に
決めた。「君らが卒論を書く時、僕は居ないが
もし覚えているなら偏執してほしい。それは
邪執では決してない。」
  
よかった。もし怪異にしていたら、朝の
予兆の無駄話で半分終わっていたことであろう。

続きを読む

天下分け目の2月13日 最期の卒論審査

教職員皆さま
最期のゼミ生西野の卒論は岸和田久米田池
辺りの中世条里制復元作業
です。★
今年からどなたでも卒論が遠隔熟覧できる
システムになったので
、ご関心の方、文句
言いたい方はご参加ください。ゼミ室403にて
14時開始予定。瞬殺で終了予定です。私は
イイネ!orやり直したら?=留年 しか言わないので。
午前中は塔セールス業務で多忙なので
研究室413前に卒論他審査資料を
放置してます

御自由にご閲覧ください


IMG_2024-02-11-14-01-58-389.jpg
ラスト・ハードカバー
IMG_2024-02-11-13-48-16-855.jpg
1:2500 6枚の山直郷復元作業が日本史only
亀とお庭で審査中 休日返上
IMG_2024-02-11-13-48-31-355.jpg

★たんたんと
地割復元してるだけでつまらない🦆しれませんが
「空疎なコピペ並のごたく議論しているより
まず現地で地籍図集成図つくってみろ」という
私の教え(じつは藤木久志の教えだった)
に従った作品でした。Moodle投稿では肝心の
1/2500大地図6枚作図が反映できず(鳥瞰撮影笑)
本人は不本意だったと思うので審査はそこ中心で
この論文の結論では中世には久米田池はない
折角だから井田さんの学会に投稿させて
小泉越えやらせようか
(まじめに添削必要。
私ソウユウの大嫌いで)

続きを読む

偏執とは 卒論だけに溺れることだ

タイトル 文部科学省だけが悪者でないようで。
教職実践演習以外にも4回生はマルエスで
社会科の講義うけさせられてる。

口述メモ 私は偏執あることを重視してますから わき目振らず 一心不乱に明日が来るのが楽しみだというぐらいですね いやいや そうじゃない明日は来るんですよ 寝る間も惜しいってそういう状況になるのが一生で1回卒業論文だと思ってるんですよ 卒論書いてる 1年間はもうほとんど世の中の事情を何も知らないみたいな ギリシャに留学の1年間 中2年間だかは政治状況が一切 一切知らない そういうタイプの研究者 (桜井万里子氏談)なんでしょうが そのぐらい 没頭しなければ意味がないんだということでそういう経験が必要なんだということ。特別講義の二宮氏にもですね 二宮氏にも文句を言ったでしょう 皆さんの みんなが見てる前で、教職実践演習 なんてやめちまえ みたいな、偏執の足を引っ張ってる張本人 でも二宮委員長は文科省が決めたことで、覚えてますか 「社会科が一番熱心ですよ」と。「それは去年までの社会ですよ」って私も言い返したでしょ 。一応そういうふうに思っていたのですが 最近最後のゼミ生西野君を見ていて( この子は私が言うのも何ですけども 私にはふさわしくないように真面目な子でですね)くそ真面目に社会科の授業に出てる。やる方もやる方なら、出る方も出る方だ。いろいろ言い分はあるのだろうけど。ー私、4回生の受講生の最終月には必ず「卒論に収斂しろ、代替で写しを提出しろ」と命じていた。たいてい哲学の学生でしたが(笑)ーまあ、よほど自信があるか、ゼミの卒論絶望的なんでしょう(よくわかる)。西野には「そうゆう先生は学問の質が違うんだろう」と言って置いたが。あまつさえ
これで二宮委員長に「今年も社会科は優等生でした」、と言われたりしたらジエンドだ。

リチャードマチスン原作『ある日どこかで』創元推理文庫県図本

IMG_2024-01-26-12-28-23-853.jpg
あゝ こうゆう話だったのか。
ネタバレなので書けないけど。
フラッシュバックで断片がえんえんと続く
タイムスリップ迄の病的風景描写。
いままで自分は何に感激して虚構を
語ってしまってきたのだろうか。
いわば喜海伝記で糸野の明恵を語ってきた
ということだろう。ラフマニノフがいつは
マーラーだったと知った空気の転換。
 講義では、この文庫本の解説
のような重厚な考証を
技術ではなく、やりとげることなのだ
と気づいた。
1981年の二本公開はわずかに単館の2週間。
これ見てる自分はいまの日本にかなり希少か
幻想文学遺跡

続きを読む

プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
QRコード
QR