fc2ブログ

林 亮勝氏の最終講義   録画

書棚を整理して見つけた『エッセイ歴史から学ぶ』
人間舎。その最後のエッセイが最終講義抄録に。
「人間が歴史をつくり 歴史が人間をつくる」
虎之助の大正大学講義の姦計もあって、新たな
気持ちで読み直してみた。
 なぜ畑違いの林著があるのか?これは明らか。
氏が紹介した聖教に利根川の川小屋
活写されていた。戦乱時の民衆避難所 国境河川
この発見で、東国内戦・民衆へのまなざし
が変わった。(と思ったのは私だけだった
ようでガッカリした。もちろんその後簗瀬
大輔氏の大著
がその景観を解明した。感動)
この学恩で忘れがたく仕事を追跡していた。

 最終講義は歴史の流れ(法則)という話だが。
受講生に家康好きを増やすこと、楽しんでた模様。
白石の金貨再改鋳が天罰観による、とか、
科学者渋川春海が祈禱を上奏しまくったという話
の方が私はおもしろかったけど。
本書の刊行後3年、2008年に病没されていた
のを知る(81 wikiによる)。
スポンサーサイト



「空気」が生み出す集団暴力(第3章) 録画

よせばいいのについ目に留まった本で
異種格闘技戦してしまった。
縄田健悟『暴力と紛争の‘集団心理‘』
実験社会心理学 九大 ?ちとせプレス
学術用語空気ときたら読まないわけには…
人名索引見ても横文字だらけで歴史家いない。
藤木久志読んでない時点でアウトか。
山本七平とかいってるし

空気は集団規範と同義で、集団暴力を生む
(取詮) ミルグラム服従実験の追試 かフムフム
そこよりも、内集団暴力と外集団暴力との
質的差異を1部2部にわけて追及してるところ
非常にそそられた。1989年の歴研大会報告、
「日本中世社会の秩序と暴力」ーーどうしても
ここが解けなかったので…
第3部は「暴力と紛争の解消を目指して」
本書の副題が
いがみ合う世界への社会心理学からのアプローチ
むりでしょ、というよりそんなの危険でしょ
豊臣平和令に学んでもらわないと
岩波新書の『刀狩り』でも読んで

(2・14st。vの学習 実践演習で徹夜してる人ゴメン)
プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。2024年3月にて終焉いたしました。特徴は芸能人養成(含む学芸員)、他ゼミ他学部へのフェーデ・侵犯、偏執・JK集団でした。2012年までは荘園調査(田圃放浪)してました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR