fc2ブログ

県博に行ったら賭博香800円を買おう。11/6録画

中世社会とは。貴族仏教が民衆に蔓延した時代だ。
(教科書の仏教の民衆化・女人救済の社会)。
「異香」の漂う御呪いの世界だ。
民衆化させたのは法然ではなく明恵だ。
明恵は教団幹部が寧波に繋がる最先端
テクノ教団で(大塚説)、遺跡捏造で歴史を
あやつる立塔プロジェクト推進衆だった
 以上が第1ー4回までの授業の取詮。
ゆえに前回は黒田日出男紹介の「舐るネブル」
(春日神が憑依して浮遊など超常現象を
行なう糸野御前<橘氏>の異香の足指をなめる)
を紹介した。もちろん黒田著書を回覧する
「裏表紙だけみなさい」。異香は舐めるー
ーこれが味覚の中世だ。
 異香は一揆の授業で教室に漂わせているが
(スプリンクラー作動要注意)、やはり
各自で家で感じないと。ーということで
再来週の週末、関西文化の日には、
県博明恵展にいって浮いた金で購入しよう。
ちゃんと実践したかどうか、12月の1回目に
試験しようか?「今教室で焚いた異香は
4種のうちのどれか?」

*理性を取り戻さないと近代史に移れないので
次あたり峰岸純夫の「誓約の鐘」(都立大紀要)
でも読ませようか。異香を舐るだけが中世への
道ではない、おもしろくてノーマルで史料操作
巧みなこうゆう論文も読めないと。文学部に勝てない。

続きを読む

スポンサーサイト



承前 糸野御前(湯浅宗光の正妻?)

神が憑依したので侍女に足を舐られた女性
異香と超常の糸野御前
湯浅党の宗光一流と明恵教団を強力に結んだ
教団外護者のキーパースン。
だが、超常と舐る描いた春日明神絵巻はじめ
明恵伝記類はすべて弟子たちの競合の所産
なので、実在を含めて真相を探らないと。
物語集める国文学に対して、真理を極める
因果な学問の歴史学、は素晴らしい
ーー
前回授業でここを言い忘れた。
明恵の真相は弟子の伝記・縁起類はダメで、
自筆の聖教類・歌謡・『夢記』諸本から地道に
照合するしかない。因果な歴史学。
IMG_2023-11-07-20-20-57-715.jpg

今日ようやく図書館に買った研究室図書が到着。
高橋修氏から、これ読まなきゃ夢記はつかえない。
高山寺本だけじゃ危ない、と念を押された一書。
県内には県立図書館の禁帯出と高野山大学のみ
だったので、最後の奉公で買っておいた。
安心してください、
明恵の夢の中に糸野御前は実在します。
とってもきわどい、ネブルどころの騒ぎじゃない
どうぞご自身で見てください。

*もうしわけないが、高山寺本とも立塔作業が
終わるまで私の研究室に借りだしていますから
遠慮なくお訪ねください。恵光房立珍の文書も
読ませてあげますので

続きを読む

プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR