fc2ブログ

歴研12月号の月報森田論文

本誌の方は小沢弘明のつまらない回顧だったが
会報の森田喜久男の回想には一々納得した。
というより自分の体験と瓜二つだ。委員の時期は
私が5年程古いのだが、科学運動担当までいっしょ
だった(正直委員会のメンバーが羨ましい)。
瓜二つの体験と感性ーーただひとつ違うのは
森田氏が古代史部会、私が中世史部会
だったことで。実はこれが天と地ほど違う。
あー。わたし良かった。中世選んだの偶然だけど

森田氏とは何か大切な接点が過去にあったのだが
忘れてしまった。でもこの会報は別置永久保存しよう。

続きを読む

スポンサーサイト



危険な画像・仏像 中央系奇瑞伝承

大塚氏と会えなかったので友人重鎮に
ご質問。(西岡じゃない、多忙そう)
「本題。春日明神の天井降臨は社家の広報、
宗光妻に憑依は喜海&宗業の合作、
糸野前は宗光と無関係(正妻ではない)
と明言している先行研究ありますでしょうか。」
棟梁託宣取詮
阿弖川荘の史料に出てくる宗氏の母は明らかに別人
宗光妻が複数いることは研究者の常識
春日社系の奇瑞伝承が湯浅系の伝承を凌駕していく
状況については、まさに肝だ。
私の講演聴かないで塔つくりに現を抜かしてるから
こうゆうボケた質問をする
取詮心中超訳
そうか。目が醒めた。さっそく浄教寺に見に行こう。
坂本学芸員に頼んで師の講演レジュメもらおう。
ここで
重要につき託宣は秘密 別記すー教えてやらない
と書くのが喜海組の常道です。常習犯。

ちょっとだけ伝記類の宗光妻と夢記類の糸野御前
比較検証してみた。私の好きな明恵抱いて空中飛行
する夢が、すでに紀州を遠く離れた後世の夢なの
気になる。あとプレゼントされた数珠の糸が切れる
夢も年不詳で。岩波文庫の久保田淳校・山口明穂
注が誤り拡大普及のはじまりか(p265の糸野の御前註)
 行状をさらに編集という明恵上人伝記には糸野御前も
宗光妻憑き落としも何もでてこないで春日託宣は
事多きにより別記とする。平泉の講談社学術文庫版

さてつぎつぎ課題が 。善妙像に仮託の摩耶御前宗光娘?は
離婚のために平岡善妙寺行きなのか
かえすがえすも図像にした、というのは強い。
絵画史料こそ難しい。

大塚紀弘「高山寺の明恵集団と南宋」再読

⤵ブログランキング26位か 塔が傾く 
既往の中世宗教 地図を刷新する画期的な研究だ
と周辺には喧伝してうるさがられていたが。
先週在国のままお会いできるかと楽しみにしてたが
甘かった。都会の多忙学者は在和時間2時間半で
日帰り帰国してしまった(私が飛んで埼玉みてる間に)。
 そこで著書5章だけ再読して見た。
雑な民衆史の私には本論文の命の部分
高山寺聖教の逐条分析集成(p158~169
の一覧表)は検証できない。が、それでも。
① 俗説排した明恵伝の再現(糸野御前など一切出てこない)
② 喜海・定真系の伝記にはほぼ一切出てこない指摘
③ 沈黙史料・宗教史料から再現できる世界。
 私の様な明恵知らずうろ覚え老人には①が
ありがたい。再読して痛感した。この知識だったの
忘れて一人で大きくなった気になってた。
②は一番すごいところ。私なら「喜海教団のフェイクを
暴いた」とか大々的に吹聴したが。あくまで淡々。
表にして。これでわからん馬鹿は相手にしないという大人。
③は元学芸員なので。これ見ていて塔を立てねば
わからない、とサブリミナル効果になったか。

 正直、この論文無しには、明恵を大言壮語のホラ吹き
ゆめうつつ人間と思っていただろう。喜海行状やら伝記
やらに記された表層にだまされて教団の恐るべき実態
見失っていただろう。たまにはこういう超発見でもないと
前近代史なんかやってられない。
それにしてもこの教団が
師亡き後バラケテ各種禅宗・律宗教祖たちの下に潜んだか
と思うと。おそるべし日本中世宗教史。予告編の続編待たれる

psついでにブイブイ誌の聖なるウナギ論文にも再挑戦。
いつも難しくて途中で投げ出していたが、今日は
明恵論骨格がわかったので読めた!註は流し目で
附記までだけど。
プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR