fc2ブログ

さすがは地理学者は違う

以前地理学会をワダイで実施した時、
どこかの会場でブラタモリは人より自然
だから地理学者用だ、と誰か老大家が言ってた。
なるほど。地理学者もいいこと言うなア納得

私もそこそこ好きだが、タモリが苦手なので
たまに見たいテーマしか見ない。終わると聞いて
いろいろ問題が噴出して。
首藤さんが2015年1月放送パイロット版で
タモリ番してたと知り、どうしても見たくなった。
タモリ如きが首藤相手にマウントとれるのか?興味

それで隣の先生にさっそく、えー2015年1月の首藤さん
のビデオ… と言ったとたんに、京都の蹴上のですね。
ありますよ。ーと返されて。恐るべし、地理学者。
来週待ちきれない、すぐ返却するから土曜に持ってきて
スポンサーサイト



ついでだから。教職大学院のサインも

こうしてみるとすごい良い大学院
地域文化コミュニケーター教員養成ギプスだが…
IMG_2024-02-21-08-00-28-926.jpg
IMG_2024-02-21-08-00-25-944.jpg
IMG_2024-02-21-08-01-51-090.jpg
これなんかサイコーだろう。

IMG_2024-02-20-10-59-25-662.jpg
私のこの境地にあと一歩だ。
IMG_2024-02-19-15-47-46-722.jpg
けれども大学院ならやはりこっちだ

「誰もがやろうとした…誰もヤレなかった」異形塔

有田川町には第2の一行リードとしてこれを
プレゼントしよう。およそ、リアルな感性の
学者なら、明恵敬愛宗教者も含め、あの
設計図をみたら作りたくなるはず。巨大塔婆。
だが、笠塔婆の様式は?、祖型を何処に
もとめるか? 材質と調達と石造搭との位置関係?
だいたい誰が何処にたてさせてくれるのか????
と考えて悩むうちに沙汰闇になるのだろう。
和大はkiiplus基金と研究者ネットワーク、地域連携
でこのすべてをクリアした。
 
 第3リードは、明恵がいざなった涅槃の境地ーー
巨大な一丈塔によって涅槃会の見立て、つまり
「インドへの道」が紐つけられた。
この1丈塔を作らないと教団の独自性、インド
見立てが完成しない。

 さて、明恵が糸野で涅槃会を開催したのはいつ?
高橋修氏は(石崎屋敷1204涅槃会を重視する立場で)
その数年前とする。喜海の行状類によると、
1201 2月糸野宗光屋敷では病床で華厳唯心義執筆専念中
1202
1203 2/15京都にて涅槃会 覚厳の布施
1204 2/15湯浅町場の石崎宗景屋敷にて涅槃会挙行
 1202の可能性が高いが喜海マジックかもしれない。
涅槃会やってしまいインド行きたくなったー物語

続きを読む

プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
QRコード
QR