fc2ブログ

検注論 高橋傑氏の新著

神領興行法と倭寇と惣国の次くらいに
気になってるのが中世検注
 このほど検注と景観を謳う著書が出た。
大いに期待する(ただし検注・景観は別物)
 地頭請けの典型と言われた(今も)南部荘
にて新発見の大量検注史料が出る。
(みなべインターチェンジ建設の緊急調査)
中世在地社会に対するイメージはこの時に
変わった。公の火薬とまったく別個の公事
海産物など数々。検注使の日程や道程を
めぐる駆引きや現場での減額交渉。
目録固め後の契約違反弾劾の百姓申状
農民闘争?などなど、まことにスリリング。
 著者の高橋傑氏は鎌倉遺文研究論集で
東寺領の減額交渉を確認していた。収録
南部荘は検注主体が地頭三浦か本所宮かで
論争中。最先端の三浦氏の研究にも、
この点を明らかにしようとするものはないが
坂本亮太のいうように三浦の検注だとすれば
鎌倉時代像は大きく変わるはずだと思うが。
権力論、政治史、何してるのだろう?
あと言うだけ言って坂本亮太はどうするつもりなのか?
論争あっても進歩のない不思議の国

高橋検注論も知りたい在地問題に直接は
答えてくれない。だが、網羅的に検討して
(とくに気づかない後期検注史料)くれている
時間があれば手がかりになろう。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR