fc2ブログ

歴史のなかの怪異 2/3筆

最終講義はお断りしてマルエスの
最終回講義に全情念を注いだのだが。
1/30の当日 (夢記は白紙) 1年ほど使っていた
くつべらが折れた。前日に靴ひもをきつく
結び直していたからナラン。
ふつうの人ならここで何かに打たれてしまう
ところだろう。だが、私は神国思想の研究者
なので、
ああ百均の品はこんなものか、
というだけ。

最終講義は、学生のウケを狙い「怪異」とするか
「偏執」とするかで長考した。結局、今一番
発信したいメッセージを重視して偏執に
決めた。「君らが卒論を書く時、僕は居ないが
もし覚えているなら偏執してほしい。それは
邪執では決してない。」
  
よかった。もし怪異にしていたら、朝の
予兆の無駄話で半分終わっていたことであろう。

2/18附記 講義は言葉足りなかったか…
現代の世相で「明恵が糸野御前たちを邪執から解放した」
と言ったら、怪しげな呪いで貧困に喘いでいた女子らを
真理の教えで救った、と読んでしまうだろう。
だが真相は、(喜海が行状でフレームアップした通り)
明恵こそが呪術の達人で女子らの心を搦めとった。
専修念仏の偏執やぶれたり!明恵の随喜。摧邪輪
の世界だ
(ちゃんと読んでないけど)。
学生は自分で調べたらよかろう、一人でも。
教員相手に今度話す機会あったら強調しよう。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR