fc2ブログ

谷尻講演への疑問 学芸的研究者

最終講義の雰囲気と同世代(同年同月生れ)
教育学部出身の共同幻想で煙に捲かれたが。
受講生教員をほめたたたてて拍手拍手、も
けっこうノッテ付き合った。学芸員なもので笑。
が、一晩明けていろいろ疑問が出てきた。
夢のお告げか?

まず、ここで自分の自慢話して(最終講義らしくOK)
「おれに学べ、おれのように生きよ」と言ったわけだが
そんなの現場に出てから不可能。なんで、在学中に
そのようなラインで研究させなかったのか?
民教連や歴教協や喜海研に叩き込んで
雑誌編集・映画撮影・紙芝居作成・立塔工作させる
 だいたい私が一番嫌いなのが文科相の推奨?
「生涯学び続ける教師」号令、やるべき時に方法を
身に付けなかった奴は一生ムリだ(できても浅薄)。
「今からおれに学べ」というのは、不可能を強制する
懐旧談では。学部でもそうだ(実践的学び研究できず)
、大学院でもそうだとしたら、もう存在意義が問われないか
 あと、谷尻さんは地理の専門だと知ったが、
4階にいる実践的研究者たちとの交流はあったのか。
どちらが悪いのかはしらないけど。社会科は、
教職大学院には明確に一線を引いている。
話せば長いが。いや短い、あそこには「中身」がない、
昔ながらのアクチィヴ・ラーニングばかりなので、
なんかどこもかしこも蛸壺の引きこもりばっかで、
とても谷尻・海津が学んでいた1980代の自由な
教育学部・教育研究科とは全く違うようだ。

というような話、できたらやっておきたいが。もう
機会は無いだろうから、かわりにに岡崎さん相手に
議論するか。報告では、岡崎氏はSDGS専門家で
実践的研究者に位置づいていた。

教師に憧れて京教大の社会科に入り、子ども教育
についての講義がない学芸学部体質に嫌気がさした
という谷尻さんと
日本史やりたくていやいや東京学芸大学の社会科に
きて成り行きで歴教協学生支部に入って・潰した私と
同じ1977年4月
ストレート一本で生きてきたつもりだったが、こうして見るとおそろしいクセ玉の生き方のようだ 複雑な性格に
出身小学校をカミングアウトしたのは和台に来て
初めて🦆。小関教育長には話したかも。
無着成恭ネタで
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

wakayama.u

Author:wakayama.u
和歌山大学教育学部海津ゼミ(日本史)のブログです。2024年3月にて終焉いたしました。特徴は芸能人養成(含む学芸員)、他ゼミ他学部へのフェーデ・侵犯、偏執・JK集団でした。2012年までは荘園調査(田圃放浪)してました。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
和歌山大学日本史ゼミBBS
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR